« 全力で勝負しろ | トップページ | 凱旋門賞2着 ナイスレース 2010.10.3 »

2010年10月 3日 (日)

スプリンターズS  中山1200芝GⅠ

中日優勝 タイガースはまだ試合が残っているが、3位。このままの可能性高そう。甲子園の試合が一つもなく、不利だね。この季節野球が終わり。競馬はグレードⅠレースが開幕といった感じで興味度合いがますますそこに集中。今週は凱旋門賞もあるし、ナカヤマフェスタにはぜひ快走を期待したい。

スプリンターズS
昨年の同レースの日記に記したことは、自身の考えで普遍的なことであり、今年においても同様のこと。つまり、このレースというよりまず、短距離GⅠレースの王者の賞味期限は短命。昨年は、一昨年からの上り調子で◎ビービーガルダン、そして、春の実績で△ローレルゲレイロという予想が当たったが、それは一年前の話。今年で言うなら、キンシャサノキセキは春実績が継続する可能性はある。しかし2年前からすでに一線級の活躍をしていたため、疲弊度も考慮に入れるべきであり、それは、ビービーガルダン、アイルラヴァゲインも同様。このあたりは押さえまでとする。フレッシュで勢いのあるワンカラットはこのレース実績上位の過去の馬と比較してもそん色なく、先のレースで見応えのある追い込みを決めたグリーンバーディーともども上位に取る。次に、あまりバックアップデータを検証しているわけではないので、推測気味の持論になるが、このレース中山の1200のGⅠは、1400mやダートでのレース実績がないと厳しいと見ている。例外的にカルストンライトオの例もあるが、不良馬場というコンディションで先に行ったもので決まったという風にも捉えられる。このレースが結構タフなのである。よって、直近で、1200m以上のタフなレースを経験していない馬は成績が良くても怪しいかもしれない。その意味で注目はサンカルロ。タフさを備えていると思う。それと、ダ路線で力発揮して、復活気味のアイルラヴァゲインも要注目。
まとめると、上位拮抗で、◎と○から馬連でそれぞれ各印にながし

 
 

(C)ブログパーツ提供:競馬予想D/開発:競馬インジケータ指数

|

« 全力で勝負しろ | トップページ | 凱旋門賞2着 ナイスレース 2010.10.3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スプリンターズS  中山1200芝GⅠ:

« 全力で勝負しろ | トップページ | 凱旋門賞2着 ナイスレース 2010.10.3 »