« 非サンデー系の勝利継続を!グラスワンダーVSスペシャルウィーク | トップページ | ブリダーズカップクラシック ゼニヤッタへの挑戦、善戦の記憶を! »

2010年11月 3日 (水)

JBCクラシック 大混戦予想 牝馬対サンデー孫

JBCクラシックの出走メンバーは多士済済で、興味深い。勝ち馬になるだろう可能性を秘めた馬の対象は非常に幅広く、5頭ぐらいはその資格を有している。

エスポワールシチーとも接戦を演じたという視点で、
フリオーソ
オーロマイスター
シルクメビウス
のまず3頭が第一候補

次にJpnⅡどまりだが、上記とも接戦実績を持つ
スマートファルコン
ラヴェリータ
アドマイヤスバル
 
さらにその実力にはまだ不安定さが宿る
ボンネビルレコード
マグニフィカ 
というJpnIレースの勝ち馬あたりか。

さて、最近の牡牝混合GⅠ級レースでの牝馬の活躍と新ダート種牡馬ゴールドアリュールの活躍視点でみれば、面白いところが、ゴールドアリュール産駒のオーロマイスター、スマートファルコンと、牝馬ラヴェリータか。
距離1800m、船橋の地方小回りゆえの先行力およびコーナー手前からのロングスパート、左回り実績という点で計ってみれば、前走1600で、その実力最大限のパフォーマンスを見せたオーロマイスターは1800では距離が不安とみる。スマートファルコンは距離実績が1400~2000と広く、1800は対応範囲。船橋競馬場も前走で経験済み。ラヴェリータも距離対応範囲は1400~2100までとスマートファルコン同様で、船橋コースも経験あり。ともに先行力が有り大体同様の評価ができる。違いは、騎手か。和田騎手もかつては、地方のレースでもクーリンガーなどで活躍したし、船橋も経験しているが、武豊騎手の比ではない。

しかし、今回はあえて、その枠に注目し、ラヴェリータを上に取る。船橋の1800mコースは初めは直線長く、コーナーは4つ回るが、やはり内枠の先行勢が有利には違いない。フリオーソが3枠で先行するのは間違いなくその真後ろに難なくつけられるポジションがベストポジション。フリオーソの進路どおりに後をつけて、おそらく、直線向く前にペースが上がり、それをついていき、抜け出したフリオーソのその右側に出して抜くだけというシンプルなレースが可能なのが5枠のラヴェリータ。和田騎手の手腕に期待する。

他の実力馬、ステイゴールド産駒のシルクメビウス他を見ても、サンデーの孫の出走の多いこと。さながら、サンデーの孫対決@ダートといったところか。そこに一石を投じるかUnbridled’s Songの牝馬。そして、2歳から6歳まで、常に一線で活躍してきた稀代の名馬フリオーソ。今回も一番人気になりそう。地元開催といえど、こんなにも長くの間一線級でいて、今も一番人気に支持される実力馬はそうはいない。素晴らしい。ぜひ人気にこたえてもらい、これからも地方での一番手で中央に挑み続けていてほしい。

ということで予想は、

◎ラヴェリータ
○フリオーソ
▲スマートファルコン
△シルクメビウス
△オーロマイスター

以上が攻めの予想

馬券では
単◎
複◎▲
馬連◎から△2点を厚めに。
おさえで○▲2頭軸→◎△への3連複・単

|

« 非サンデー系の勝利継続を!グラスワンダーVSスペシャルウィーク | トップページ | ブリダーズカップクラシック ゼニヤッタへの挑戦、善戦の記憶を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JBCクラシック 大混戦予想 牝馬対サンデー孫:

« 非サンデー系の勝利継続を!グラスワンダーVSスペシャルウィーク | トップページ | ブリダーズカップクラシック ゼニヤッタへの挑戦、善戦の記憶を! »